記事のアウトライン作成をAIで自動化する「AI SEO ライターツール」に新機能が追加、検索エンジンに最適化したアウトラインを10~30秒で自動生成

課題

広告代理店や、多数のWebメディアを運営する企業などは、毎月大量の記事を作成する必要があります。

その際、外部のライターなどに発注する為には記事のアウトライン(目次)を作成する作業が発生しますが、作成の際にはSEO対策を意識したり、ライターへ指示するための事前調査などが発生するため、一つのアウトラインの作成に30~60分かかることがあります。

解決方法

人手を介すると時間を要するアウトライン作成を、AI(人工知能)で自動化することで簡略化できるツールが、メディアエクイティ株式会社が提供する「AI SEO ライターツール」です。

同ツールは、記事で使用するキーワードが予め決まっていれば、それに応じてSEOに最適化したアウトラインをAI(人工知能)が自動で作成します。

これまで、AI SEO ライターツールではアウトラインの自動作成に若干の人手が介在する余地を残しており、ユーザーによる5段階の操作を通してアウトライン作成を行い、それによって従来かかっていた作成時間を3~6分程度にまで短縮しました。

そして、今回新たに追加した新機能「ワンクリック作成」では、アウトラインの作成をAI(人工知能)が完全に自動化することで、作成時間を10~30秒にまで短縮します。

しかし、アウトラインの作成を完全に自動化する際の懸念として、AI(人工知能)が苦手とするキーワードを用いる際にきちんとしたアウトラインが作成できるか、もしくはAI(人工知能)が作成したアウトラインをそのまま使ってよいものか、等が挙げられます。

このため、同ツールでは完成したアウトラインを競合サイトのものと比較して、人の目によってAI(人工知能)が作成したアウトラインに十分性があるかをチェック・修正できる機能を備えています。

どうなったか

アウトライン作成を完全に自動化することで、コンテンツマーケティングの際に大きなコストが伴っていた記事作成にかかるコストの大幅な削減が見込まれます。

また、大量の記事を作成する際に、アウトラインを考える為の人員を大量に雇う必要性からも解放されます。

「ワンクリック作成」機能を実装したAI SEO ライターツールは、記事作成のスピードを上げたい場合や、コストを削減したい場合、また記事の品質を損なわずに生産性を向上したい方などに最適なツールです。

まとめ

SEO対策を意識したアウトラインを作成する際、アウトライン解析ツールや共起語検索ツールなどを用いますが、こうしたツールの使用には知識が必要になる上、検索エンジン上で露出度の高いアウトラインを作成するには経験や勘なども必要になります。また、人員によってはアウトラインの品質に差が出ることもあります。

こうした一連の作業をAI(人工知能)が自動化することで、アウトラインの品質を一定化したままコストや人員の削減が可能になるので、コンテンツの量を重視するWebメディア運営者などにはメリットの多いツールになりそうです。

参考資料