インフラ設備の一次外観検査を自動化:AI画像ソリューション「AMY InfraChecker」

課題

近年、インフラ設備の点検や診断業務に関しても作業員の高齢化や人手不足が深刻になっています。そのため、老朽化の進んでいるトンネルや道路、橋や建築物などの点検・診断を順次行うのに時間がかかってしまいます。

Automagi株式会社は2018年5月からAIを活用したザビを検知して診断を行うサービス「AMY InfraChecker」を提供しています。すでに10社が試験導入を行い、導入企業からサビ以外の検知に対応して欲しいという要望が多くありました。

解決方法

Automagi株式会社は「AMY InfraChecker(エイミー インフラチェッカー)」において、従来のサビに加えてクラックや塗装剥がれ・塗膜の浮きなどの劣化現象も検知できるサービスの提供を開始しました。「AMY InfraChecker」が現在、点検・診断の対象とする劣化項目はサビ・クラック・部位破損・塗装剝がれ・塗膜浮き・漏油/漏水の7項目です。これらに加えて、アナログ式の計器の異常を検出する機能も付加されています。

「AMY InfraChecker」はカメラで撮影した画像・映像データからサビ・クラック・塗装剝がれ・塗膜の浮きなどの劣化現象を検知し報告するシステムで、劣化を検知すると劣化度をスコア判定し報告書作成も行います。具体的には、劣化が起こっている位置を検出し、劣化度を高・中・低などと段階分けします。さらに、ドローンで撮影した画像・映像から対象の構造物を切り出します。そして構造物の2次元の面積に対して劣化度合いや割合をスコアとして算出する仕組みです。

どうなったか

「AMY InfraChecker」を利用すると、点検・診断業務の中で多くの手間と時間を要する非破壊検査と一次スクリーニング業務を自動化できます。作業員の手間と時間を省けるだけでなく、人による診断結果のバラつきもなくせるようになりました。

また、構造物の劣化度合いや割合を総合ストアで算出するので、どの構造物を優先的に2次点検して修繕作業に着手するべきかを容易に決定できます。さらに総合スコアなどのデータは従来の報告書の形式に合わせて出力できるため、報告書作成業務にかかる時間や労力も削減できます。

まとめ

現在は赤外線カメラを用いた施設内部の異常検知・打音検知・異音検知に関する開発も進めています。今後は検査項目を追加していき、スコアデータに基づいてAIによる劣化予測や関連性分析、劣化エリアの推測などの機能も搭載予定です。

Automagi株式会社は、「AMY InfraChecker」を企業や自治体で活用してもらうためドローンサービスを提供している企業と販売代理店契約を締結しているので、ユーザーは「AMY InfraChecker」とドローンサービスを合わせて利用できます。

参考資料

(Marvin編集部)