広がる自動要約:富士通が記事の自動要約システムを公開

課題

新聞社は、新聞紙面に掲載した記事を他メディアに配信する際、人手で記事を要約する作業を行っていますが、メディアによって文字数の制限が異なるため、その都度要約を行う必要があり、時間と労力がかかります。また近年、自治体や企業がオウンドメディアやSNSを活用した情報発信を強化し、オリジナルの文章をさまざまなパターンに要約する機会が増えており、そうした中で自動要約ツールの需要は高まっていました。

解決方法

株式会社富士通は、AI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を活用し、高い精度で瞬時に記事の要約や、顔写真の背景を着色できる無償のトライアルサイトを、企業向け限定で7月8日から公開しています。

今回公開する自動記事要約システムは、記事全文から重要度の高い文章を180文字以内で抜粋する「重要文抽出」と、単語の結合や長い表現を言い換えることで、より短い54文字以内の文章に要約できる「生成型要約」の二種類の機能があります。「重要文抽出」では、文章の冒頭から機械的に要約文章を作成する従来の自動要約手法に比べ、全文を対象に人手と同等の精度の要約文章を作成します。「生成型要約」ではディープラーニングを活用し、単語の削除、語順の変更、言い換えを学習したモデルを用いることで、単語や接続詞などを文章がつながるように組み合わせて要約文を作成しています。

要約したい文章をサイト上に入力するだけで、瞬時に要約が可能です。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/07/8.html

どうなったか

「生成型要約」は新聞などニュース原稿の要約記事、SNS投稿用の短文、公共交通機関の電光掲示版やデジタルサイネージへ配信するニュースなどの作成に活用が期待されるでしょう。今回の公開は企業限定ですが、2019年度下期にソリューション提供を予定しているそうです。

同様の目的で作られた IMAKITAも長文を要約することができます。このシステムは、「長文を3行ぐらいで纏めてくれるエンジン IMAKITAを作ってみました」で公開されています。Marvinの記事でも試してみたところ、上手くいきました。

Imakitaは、日本語のほか、中国語と英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語に対応しているとのことです。また、GIGAZINEの実験によると、4000字の記事でも要約可能でした。

まとめ

毎日さまざまな記事がシェアされ、全部読むことが厳しい、または外国語の記事をかいつまんで読みたいという人もいることでしょう。そんな中、このような自動要約ツールは新聞社など企業だけではなく、私たちにとっても便利なツールとなりそうです。

参考資料