AIが顧客データを管理して今日営業すべき企業をお知らせ:CRMアプリ「レコリン」

課題

ビジネスを成功させるためには、自社の商品やサービスを頻繁に、あるいは高単価で購入してくれる優良顧客を増やす必要があります。そのため、多くの営業社員はスケジュール帳や顧客データ、打ち合わせ記録などを使い分け顧客管理を行っています。

しかし、多くの顧客データから優良顧客を識別するのは容易ではなく、スケジュール管理を行いながら特定の顧客へ適切なアプローチのタイミングを考えるには時間も労力がかかってしまいます。

解決方法

2018年11月、ディップ株式会社はAIやRPAを活用して業務効率化を行う「dip Robotics」を設立しました。そして、「dip Robotics」のひとつとして営業活動を効率化するCRMアプリ「レコリン」を開発しています。

「レコリン」を使用すると、優良顧客の識別や商談内容を入力する業務に費やす時間を、従来の半分に削減できるとしています。

「レコリン」は今まで営業社員がスケジュール帳や顧客データ、打ち合わせ記録など複数のツールを使用して行っていた顧客管理業務を1つのシステム上で運用します。また、営業社員が登録した顧客データを基に、機械学習技術により顧客の特徴を抽出して要望を分類し、データを整理・最適化します。

そして、過去のアプローチ状況に基づいて訪問すべき顧客をスマホのプッシュ通知で提案します。さらに、「レコリン」のアプリは営業社員が使いやすいように設計されているので、商談内容の入力や報告も簡単に行えます。

どうなったか

「レコリン」を導入すると、従来のように営業社員が複数のツールを使用する必要がないため、日々の営業活動業務を省力化

例えば、多くの顧客データの中から営業社員がアプローチした感覚や状況に基づいて優良顧客を見つけ出すのは時間のかかる作業でしたが、「レコリン」では機械学習技術により、ニーズに基づく顧客データの整理をすることで、従来よりも簡単に優良顧客が発見できるようになります。

また、顧客はニーズごとに分類されるため、顧客ごとに最適な商品やサービスを勧められるようになります。今日訪問するべき企業がプッシュ通知で提案されるおかげで、適切なタイミングで顧客へのアプローチを行え、優良顧客を逃してしまう心配が少なくなるのも「レコリン」を使う大きなメリットとなります。

顧客データの管理から訪問タイミングの通知、さらには商談内容の入力・報告作業までスムーズに行えるため、営業社員の業務にかかる時間を大幅に削減できるとのことです。

まとめ

営業社員の業務負荷はかなり重く、営業職から離れていく社員も少なくありません。その理由として多いのは、「残業が当たり前」や「見積もり・電話対応など雑務が多くて仕事の処理が大変」というものです。

「レコリン」を活用すると、営業社員が時間と労力をかけて行ってきた営業に関わる業務負荷を大きく削減できるかもしれません。時間に余裕ができる分、見積もりや電話対応など大切な業務に集中でき、残業時間も削減できるのではないでしょうか。

参考資料

(Marvin編集部)