雨や雪も自動認識して路面状態を監視:日本気象協会とスペクティが冬季道路管理支援技術の共同開発を開始

課題

雪をはじめとする冬季の天候は道路状況を変化させ、渋滞や大規模な多重事故の原因となります。事故や災害を未然に防ぐためには、雨か雪かだけでなく、雨量や降雪量、積雪量など多くの要素を知る必要があります。また、寒冷地では雪によるホワイトアウトによる災害や事故が発生するため、地吹雪の検出や見通せる距離、歩道の滑りやすさなどの路面状態などの情報がとても有用です。

これまで、路面などの状況に応じた防災情報の発信は雨量計などの基礎的なセンサや人の目による判断に頼っていました。しかし、人に頼った判断には熟練による個人差がありますし、複数のセンサ情報から総合したり、複数の箇所の判断を同時に人間が判断することには限界があります。

もし、道路状況など運転と関係のある判断が自動的に可能となれば、災害情報を発信して事故を未然に防ぐことが可能となります。

解決方法

日本気象協会は株式会社Spectee(代表取締役社長:村上建治郎、以下スペクティ)と共同で監視カメラの画像データから気象状態を推定し、防災情報を発信するための共同研究を開始すると発表しました。

目標となるのは「雨雪判別」「積雪状態」「路面状態」「吹雪発生」「視程」という道路状況に関係した指標の自動認識で、近年、性能向上が著しい画像認識技術を応用して、以下のような状態に関する自動認識モデルの開発を順次進めるとしています。

・雨雪判別(雨が降っているのか、雪が降っているのか)
・降雪の強さ(降雪量)
・積雪の深さ
・道路の路面状態(乾燥、湿潤、シャーベット、凍結、積雪などの判別)
・地吹雪の発生判別(ホワイトアウトの発生)
・降雪、吹雪、地吹雪に伴う視程(ホワイトアウトの程度)
・歩道の滑りやすさ

どうなったか

これから共同開発を開始し、認識技術の向上と災害情報の発信技術の開発を進めるとのことです。

まとめ

日本気象協会ではエクサウィザーズとの共同研究により気象データとビジネスの関係を調査する事業を開始しています。また、気象衛星からの画像を用いた台風発生予測モデルの研究などが進められるなど、気象データを用いた人工知能の開発と社会実装は見逃せない分野になりそうです。

参考資料

日本気象協会とスペクティ、映像の「AI解析」による道路管理支援技術を共同開発  ~SNSや天気カメラ映像のAI解析を通じ、防災情報のリアルタイム提供を目指す~ [日本気象協会 公式HP]

エクサウィザーズと日本気象協会が人工知能の共同開発を開始:気象と関連する社会課題解決を目指す [Marvin.news]

深層学習モデルが台風のタマゴを検出:気候実験データと畳み込みニューラルネットワークによる新たな台風発生予測手法 [Marvin.news]

(森裕紀)