AIがプライバシーを守りながら医療施設内の患者行動を見守り:凸版印刷が実証実験を開始

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)、センサー検知とAIにより患者のプライバシーを守りながら病院内施設における転倒や利用状況などを可視化できる医療施設向け見守りサービスを開発し、今回実証実験を開始しました。

課題

病院施設などでは患者を見守る必要があり、法律で夜間に配置する最低人員数等が定められています。しかし、施設側の人手が不足していたり、見守りができる範囲にも限界があるなどの課題がありました。

解決方法

医療向け見守りサービス(トイレの場合) 凸版印刷へリンク

今回のサービスでは、医療施設のトイレ、シャワー室・お風呂などの個室内に人感センサー・開閉センサーなどを組み合わせて設置して、そのセンサーから取得したデータを学習済みのAIに監視させて、転倒などがあれば施設側に通知します。

転倒の検知には、プライバシーや個人情報に配慮し、カメラやサーモグラフィといったものは使用していないという工夫がされています。今回は医療施設ということで車椅子利用者も想定した検知パターンも蓄積・学習させているということです。そのため単純に「個室に入ってきた物体が地面にたいして横になっている」という状態を検知するだけではない難しさがあるようです。

また、ほかの特長としてZETA(ZETAへリンク)という通信方式を採用していることもあります。これにより医療機器と電波干渉しにくく、通常は電波の届きにくい施設の奥まった箇所や地下もカバーできるということを実現しています。

どうなったか

実証実験はこれからですが通常では発見の遅れそうな個室内の監視が常にできるというのは、重大な事故を減らし施設側の負担軽減も期待できます。

まとめ

今回は、個室内での転倒を監視するサービスを紹介しました。

これまでもセキュリティ会社やカメラ会社などから転倒の見守りシステムはありましたが、監視対象にセンサを持ってもらうような手間のかかるものであったり、カメラ画像を使用したものでトイレの個室などでは使いにくいものだったりしました。

人感センサーなどの、時系列でデータの数は多いかもしれないが一つ一つの値の情報量が少ないものを処理するのは人間には苦手なことです。こういった影をみて対象を見極めるというようなことはAI活用のよい事例だと感じました。実証実験の成功に期待します。

参考資料

凸版印刷、ZETAとAIで病院内施設見守り [凸版印刷]

(Marvin編集部)