AIがOCRの帳票定義を自動化。伝票処理を75%効率化も

NECは2018年11月27日に、OCR(光学文字認識)にAIを活用したソフト「NEC AI-OCRサービス」を発表しました。

課題

通常のOCRを用いた帳票のデータ化作業には、事前に「帳票のどこに認識すべき文字が書かれるか」という定義を人間がする帳票書式という作業が必要でした。

例えば、和暦を書く場所があるなら「帳票の上から50mm、左から30mmのところから、高さ10mm、幅20mmで明治、大正、昭和、平成のいずれかが入る」といった具合です。

これは一見単純作業のようにも見えますが、実際には適切にOCRに認識させるにはコツのようなものが必要で、郵便番号のような簡単なものでも、数字3桁と数字4桁の二つの数列と定義した方が良い場合と、ハイフンを含んだ8文字と定義した方が良い場合があったりします。

そのため帳票定義のための専用ツールの使い方を覚えて熟達する必要があり、価格の変更や改元などによって帳票が変更・追加されるたびに定義を作り直すという手間がありました。

解決方法

AIを活用したOCRサービスによる業務改善イメージ
AIを活用したOCRサービスによる業務改善イメージ[公式サイトより]
「NEC AI-OCRサービス」では、AIを活用し、帳票データを入力作業者が文字入力するだけで帳票定義をリアルタイムに学習し、文字データを自動で読み取れるようにしました。

学習にはNEC独自の「インタラクティブ学習方式」という、入力作業者が文字情報を入力するたびにAIの学習プロセスが働き、学習結果を即時に利用できる方式が使われています。

どうなったか

このサービスで伝票処理業務の効果検証を行ったところ、人が全てデータ入力した場合と比べて、帳票入力作業時間が75%効率化されました。

まとめ

帳票定義を自動化するNECの「NEC AI-OCRサービス」を紹介しました。

リリースによると自社の帳票の読み取りだけでなく、PRAのソリューションと組み合わせることで受け取った納品書や請求書などの、あらかじめ定義ができない帳票も取り扱えるようになるそうです。受け取った帳票のデータ化は従来だとTradeshift社がCloudscanという名前で2012年頃から提供していましたが、これは受取手が取引先ごとに帳票定義をする必要がありました。

日本では改元が控えており、多くの帳票が更新の必要に迫られています。こういった作業はどんどん自動化されていって欲しいですね。

参考資料

(Marvin編集部)