ドローンの自動運行による鉄塔点検ソリューション 「TOWER CHECK」

課題

従来の鉄塔の点検は作業員が登り、目視でするというものが基本でした。高所かつ高電圧という条件のためリスクが高く、作業工数や人件費も多くかかるものです。過去には落下や感電といった事故も発生しています。

作業員の安全の確保やコスト削減のため、このような危険な作業の自動化は大きな課題になっています。

解決方法

株式会社センシンロボティクスはソリューション「TOWER CHECK(タワーチェック)」β版で上記の課題に取り組んでいます。

「TOWER CHECK」ではカメラ搭載のドローンに鉄塔を撮影し、AIを活用した画像認識/解析により錆や腐食を自動検知し、さらにレポート作成も自動で行います。

画像の解析についてはDeep Learningを応用した独自エンジンにより、錆や腐食の発生箇所の抽出を行うほか、ボルトの緩みなどの検知については3Dモデリングに紐づいた画像を確認することで近接目視と同等の点検ができるようになっています。

どうなったか

これにより鉄塔の近接目視点検および1次点検を自動運行ドローンの運用により代替えできるようになり、コスト削減・作業効率・安全確保ができるようになりました。

株式会社センシンロボティクスの試算では、鉄塔点検コストを従来の約57%削減することも見込めるケースも考えられるそうです。

まとめ

Deep Learningにる画像解析によるソリューションと謳っているため、Convolutional Neural Network(畳み込みニューラルネットワーク)などをベースに錆などの検出がされていると思われます。

こういった点検の自動化はコスト削減や、作業員事故のリスクが下がるのはもちろんですが、1回の点検コストが下がることで点検頻度を上げることもできます。それにより安全性が高まり、さらには高頻度の点検を前提とした低コストな設計というのも可能になるかもしれません。

今回は鉄塔の点検でしたが、電力に関係するところは難易度が高い点検が必要な場所が多いです。すでにいくつかソリューションはありますが、発電所や送電線の点検などもどんどん自動化されていくといいと思いました。

参考資料

(Marvin編集部)