熱心なファンのいる市場はデータも高品質?:ニッチジャンルのお好みの小説を人工知能が推薦するサイト

課題

小説でも漫画でも熱心なファンにとっても、膨大な作品の中から自分の好みの作品を探すのは苦労するもの。Amazonなどの推薦システムは一般性が高いものの、ニッチで具体的なニーズを満たそうとすると不満が残ります。

BL小説のような尖ったジャンルほど、自分の好みの作品に出会うことは切実です。「表紙買いをするユーザーの中には、表紙の印象とちがって逆カップリングだった…とがっかり」することも多いようです。

解決方法

ニッチで熱狂的なファンがいるジャンルほど、一般的な場所ではなく専門のサイトを利用しているため、そのジャンルに特化したサイトほど情報が集まりやすくニーズも捕らえられると考えられます。

長期間データを蓄積し、ニーズも把握している専門家を有するサイトが機械学習などの手法を取り入れると、利用者にとっても有益な推薦システムが開発できます。データの量と質を開発者自身が評価できることは、このようなシステムを開発する際の鍵になります。

どうなったか

株式会社サンディアスはBL小説ファンのための推薦サイト、BLソムリエ powerd by AIをリリースしました。このサイトではお好みの作家や現在の自分の「状態」を入力することで、その時の好みにあった作品を推薦してくれます。

プレスリリースにはアルゴリズムの説明がありませんが、協調フィルタリングの技術が使用されていると考えられます。協調フィルタリングでは購入履歴やユーザ評価などのデータに基づいて、同じ志向をもつユーザが何を好んでいるかを推定して提示するものです。BLソムリエでは購入履歴よりも、好きな作家やユーザ評価を重視したアルゴリズムになっているようです。

まとめ

プレスリリースには「AIの信頼性はクオリティの高いデータにありますが、ニッチなジャンルであるほど詳しいデータが集まりやすい傾向にあります。ちるちるはBL専門サイトとして開設から10年間以上BLの詳細なデータが蓄積しており、「BLソムリエ powerd by AI」で精度の高いおすすめができる基盤となっています。」となっており、面白い視点です。

ただ、好みの作家を入力する部分はそのジャンルで読書経験の少ない初心者にはハードルが高そうです。

ニッチで熱心なユーザが蓄積した高品質なデータが豊富にある分野は他にもありそうで、今後高品質なデータにシンプルなアルゴリズムを適用する事例は増えていきそうです。

参考資料

AIがボーイズラブをレコメンド! 「BLソムリエ powerd by AI」 [PRTIMES]

BLソムリエ [ちるちる]

AIを利用してビジネス展示会を最適化:名古屋の人工知能ベンチャー・キスモが開発した参加者と出展者のマッチングシステムとは? [Marvin.news]

(森裕紀)